PDF CookBook 第2巻
  • NEW
  • ダウンロード
  • デジタルデータ
商品コード:
ETC046

PDF CookBook 第2巻

通常価格(税込):
864
販売価格(税込):
864


個数:


 『PDF CookBook』は、電子の紙PDFを企業向けのシステムで編集したり、加工したりする方法を紹介するPDFの料理本シリーズです。第2巻は、PDFのセキュリティ設定や解除、PDFの透かしの設定や応用、しおりの追加や削除などのテーマを取り上げています。各機能の役割や目的、見込まれる効果の紹介と、利用例のサンプルプログラムとその結果例を項目ごとに載せています。
プログラミングがわからなくとも、PDFの機能についてなぜその機能があるのか理解を深めることができますし、開発者はサンプルプログラムを自分の環境で試すことができます。
PDFは米国のアドビ社が開発したものですが、PDFの仕様書はアドビ社からISO-International Organization for Standardizationに移管され、2008年にISO 32000-1:2008という国際標準となりました。こうして、PDF文書を作成したり、利用したりするアプリケーションは誰でも開発・提供できるようになっています。現在、さまざまなアプリケーションから大量にPDF文書が生み出されて流通しています。例えば、Microsoft Officeには10年ほど前からPDF形式保存機能があり、また、Windows 10にはPDF出力ドライバーが標準で付いています。主要なブラウザはPDFを表示する機能を内蔵しています。このように、この10年でPDFを作成・表示する環境は著しく進化・充実しています。これからはPDFを紙のように手軽に簡単に加工したいという需要がますます大きくなるでしょう。
本書では企業向けシステムの企画・営業担当者から開発者まで幅広い層にPDFの活用法をご理解いただけるよう、最初にできるだけ図版で料理のイメージを表すようにしました。包丁としては、アンテナハウスのPDF編集・加工ライブラリ「PDF Tool API」を前提としています。なお、本書ではISO 32000-1:2008で作成できるPDFの機能のうち、PDF Tool API V5がサポートしている範囲に限って説明しています。PDFの仕様で定められていることのすべてを網羅している訳ではありません。あらかじめご了承ください。
PDF Tool APIには無料でお使いいただける評価版を用意しています。また、本書のプログラム例はJavaで作成しています。本書で紹介しているプログラム例はダウンロードサイトより提供しています。


その他書誌情報
書名:PDF CookBook 第2巻
出版社:アンテナハウスCAS電子出版
発売日:2018年6月
著者:アンテナハウス株式会社
発行形式:PDF版
サイズ:B5判 横組み
ページ数:126ページ
ISBN:9784900552616

このページの先頭へ